>>世界陸上注目選手と金メダル候補はこちら

ジャニーズ事務所は今後どうなる?ジュリー残留で崩壊・倒産の危機か

故・ジャニー喜多川氏による性加害問題をめぐり、ジャニーズ事務所は慎重な対応が求められています。

再発防止特別チームは8月29日に会見を行い、再発防止策としてジュリー氏に代表取締役社長の辞任を要求しました。

これにより、9月7日の会見でジュリー氏は社長退任が発表されましたが、今後も取締役としてジャニーズ事務所に残ることが分かりました。

りりぃ

ジャニーズ事務所はどうなっちゃうのかな?

そこで今回は、ジャニーズ事務所の今後について調べてみました。

この記事でわかること

・ジャニーズ事務所の今後は?

・ジャニーズ事務所が崩壊・倒産の危機と言われる理由4つ

ぜひ、チェックしてみてください。

ジャニーズ事務所ジュリーは役員として残留

ジャニーズ事務所はジュリー氏が社長退任後も、当面の間は役員として残留することを発表しました。

ジュリー氏が会見で言及した内容は以下になります。

私、藤島ジュリー景子は再発防止特別チームの提言を受け入れ、社長を辞任致しましたが、被害者の方々に対する補償を責任を持って全うするために当面の間、代表取締役としてとどまりますが、被害者の方々への補償、救済、今所属しているタレント、Jr.の皆さんの心のケア以外の業務執行以外には関わりません。

引用:Yahoo!ニュース

 

再発防止特別チームの報告書には、ジュリー氏が社長を辞任することで『同族経営の弊害の防止』を促し、会社としても出直しを図れるとしていました。

しかし、社長退任後もジュリー氏は権力を握り続けるのでは?という憶測もあり、結果的に「何も変わらなそう」という厳しい声が多数あがっています。

 

東山紀之さんは『ジュリー氏が経営に関わらない』ことを条件に社長就任を受け入れたと話していましたが、それでも「信用できない」という声多く上がっていました。

今後は被害者の救済とタレントのケアだけを全うするという断言を踏まえて、ジュリー氏の活動に注目していきたいですね。

 

【考察】ジャニーズ事務所は今後どうなる?

事務所

ジャニーズ事務所は今後どうなってしまうのでしょうか?

考察を以下にまとめてみました。

  • 事務所名は変えずに新たなスタートを切る
  • 実質の経営権を引き続きジュリー氏が握る
  • 期限なしの被害者への補償と救済
  • 所属タレントが続々退所の可能性

それぞれご説明していきます!

 

事務所名は変えずに新たなスタートを切る

ジャニーズ事務所は新たな事務所名に変更するのでは?と言われていました。

しかし9月7日の会見で、東山紀之さんは現時点では変更しない選択をとったと明かしています。

その理由は以下3つです。

  1. タレントが培ってきたブランド力を守りたい
  2.  ファンの思いを大事にしたい
  3. ジャニーズのイメージを払拭できるように頑張りたい

 

この選択について記者が「ヒトラー株式会社やスターリン株式会社のように犯罪者の名前を会社名に掲げることはない」「考えが甘い」と厳しい言葉を投げかける場面もありました。

ですが、『ジャニーズWEST』や『関ジャニ∞』のようにグループ名にもジャニーズの名が使われているので、事務所名変更による多方面への影響も考えると、容易には選択できません。

今後も事務所名変更については議論しながら、ひとまず新体制で改革に臨む意向のようです。

 

実質の経営権を引き続きジュリー氏が握る

ジュリー氏はジャニーズ事務所の株を100%保持していることから、実質的に経営権は今後もジュリー氏が握ると言われています。

会見で、ジュリー氏は経営には一切関わらないと断言していますが、株主である以上、世間の目は厳しくなっているようです。

 

具体的に株をいつ・どう手放すかどうかは現時点で決めることは難しく、今後検討していく予定だと答えていました。

株を引き続き保持する理由については以下のように説明していました。

今の時点では私が100%の株を持っていることが補償についても非常に進めやすいというふうには考えております。ただ今後については同族経営が今回の問題であるというご指摘もいただいておりますので、どういうふうにしていくことが一番よいかは新経営体制の皆様ともご相談しながらいろいろと協議していきたいと思っております

引用:Yahoo!ニュース

りりぃ

新株主を誰にするかとか、補償するための財源確保とか、色々事情があるみたいだよ

 

事務所名の変更と同じで、短期間ですぐに決められることではないですよね。

今後時間をかけて、議論されていくのだと思われます。

 

被害者への補償・救済の対応

ジュリー氏がジャニーズ事務所に残留する理由は、被害者への補償を全うするためだと発表がありました。

具体的な取り組みについてはこれから議論するとしつつも、窓口の設置や被害者との直接的な対話などを視野に入れているようです。

また、在籍していたかの確認はしつつも、法を超えた救済と補償をすると明言していました。

「過去の古いお話しもありますので、提言で指摘されているように、厳密な証拠を求めて厳密にするよりは、もう少し緩やかに、東山新社長が説明したように、法を超えてきちんと補償していきたい」

引用:Yahoo!ニュース

 

長い道のりになることが予想されますが、東山紀之さんは「まずは体制を改めることからスタートしていきたい」と話していました。

 

所属タレントが続々退所の可能性

ジャニーズ事務所の所属タレントの中には、事務所を退所して滝沢秀明氏が設立した『TOBE』に移籍する人もいるのでは?という噂があります。

9月7日の会見で、新社長・東山紀之さん率いる新体制で取り組んでいくことが明らかになりましたが、ジャニーズタレントがついてくるかどうかはまた別の話ですよね。

ジャニーズファンの間では推しのTOBE移籍については複雑な思いがあるようです。

 

海外を目指しているタレントも多い中で、事務所の名前が『ジャニーズ』のままだとイメージダウンに繋がりかねないですよね。

他にも、「グループが分裂しなければ事務所はどこでもいい」、「事務所にこだわりすぎて自滅だけはしないで」などタレントを思いやる声が多くありました。

 

ジャニーズ事務所が崩壊・倒産の危機と言われる理由4つ

崩壊

ジャニーズ事務所が「崩壊する」「倒産する」と言われているのはなぜでしょうか?

その理由は以下4つです。

  1.  新社長が外部の人間ではない
  2.  タレントが続々と退所している
  3.  スポンサーによるジャニーズ離れ
  4. ジャニー喜多川という柱がなくなった

それぞれご説明していきます!

 

①新社長が外部の人間でない

新社長が外部の人間ではないことから、「同じことの繰り返し」「何も変わらない」などと批判されています。

 

ジャニーズ事務所は外部の人間を迎えることも検討していたようですが、全て断られたとのこと。

複数に打診をしたけれども断られてしまったようです。

今回の東山新社長就任もいろいろ断られた上で、タレントからの昇格という本当に苦渋の選択だったと思います

引用:Yahoo!ニュース

とはいえ、性加害問題を黙認し隠蔽してきたと言われているジャニーズ事務所が、内部の人間を新社長に選任するのは最善策なのでしょうか?

再発防止特別チームの報告書にもあった通り、組織的な隠蔽体質である以上、内部異動だけで改善が見込めないとして、ジャニーズ事務所の「倒産」や「崩壊」が囁かれているようです。

 

②すでにタレントが続々と退所している

ジャニーズ事務所の所属タレントが続々退所していることから、事務所存続が危ういと言われています。

2023年に退所した12人を以下にまとめました。

平野紫耀 King & Prince
岸優太(予定) King & Prince
神宮寺勇太 King & Prince
全メンバー(7人) IMPACTors
三宅健 V6
北山宏光 Kis-My-Ft2

 

わずか1年足らずでこれだけの人気タレントが退所しています。

さらに、King & Princeの分裂にはジュリー氏が関わっているとの報道があることから、ジュリー氏が残留することで今後も同じことが繰り返される可能性を恐れているファンもいました。

性加害問題でイメージが悪くなったことで、退所するメンバーも今後増えると予想されているため、「ジャニーズ事務所は崩壊する」と言われてしまっているようですね。

 

③スポンサーによるジャニーズ離れ

性加害問題により、ジャニーズタレントを起用することに慎重になっているスポンサーが増えて来ています。

現在、ジャニーズタレントとの新規契約および契約更新は控えると発表している企業は以下4社です。

  1. 東京海上日動火災保険(相葉雅紀)
  2. 日本航空(嵐)
  3. アサヒグループホールディングス(菊池風磨さん、山田涼介さんなど計6人)
  4. キリンホールディングス(目黒蓮さん、重岡大毅さん)

 

他にも、菊池風磨さんを起用している『P&Gジャパン』や、がん保険のCMでお馴染みの『アフラック生命保険』などがありますが、会見だけでは今後の具体的な措置が分からないとして、今後の活動を見て検討すると発表しています。

また、ジャニーズタレントとの共演は控えたいという関係者もいるようです。

「性加害問題が社会問題になっている中でジャニーズタレントと共演すれば、”性加害を容認している”と取られかねない。仕事を選べる立場のタレントなら、事態が落ち着くまでジャニーズとの共演は控えたいところ」(芸能プロ幹部)

引用:Yahoo!ニュース

このままスポンサーが減り、ジャニーズタレントとの共演NGが現実的になれば「ジャニーズ事務所は倒産する」と言われています。

 

④ジャニー喜多川という柱が無くなった

ジャニー喜多川氏がいてこそのジャニーズ事務所であり、その柱がいなくなった今「ジャニーズはもう崩壊する」と言われています。

 

ジャニー喜多川氏は、人材選出や育成、売れる人間を見抜く力、演出、メンバー構成など、類稀なるプロデュース力が世界でも認められていました。

その絶対的なトップを失った今、ジャニーズ事務所のバランスが壊れてしまったことで崩壊の危機を迎えると言われています。

 

まとめ 今後のジャニーズ事務所に注目!

いかがでしたか?

今回はジャニーズ事務所の今後について調査してみました。

ジャニーズ事務所の今後は、事業所名の変更を検討していて、ジュリー氏の残留、所属タレントがTOBEに移籍する噂もあることが分かりました。

そして、ジュリー氏はいつまで残留するのか?、新体制はうまく機能するのか?、ジャニーズタレントは移籍するのか?これによりジャニーズ事務所の運命は大き変わりますよね。

今後のジャニーズ事務所に注目していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です